アタマジラミ 頭以外

アタマジラミは床に落ちても生きている!

 

アタマジラミというのは、頭以外の床などに落ちた場合は2、3日しか生きられないようです。

 

でも、少なくとも2、3日は生きているようなので、髪をとかした拍子に、アタマジラミが床に落ちることが多いので、髪をとかした後には掃除機をかける習慣をつけた方がおススメです。

 

目には見えにくいかもしれませんが、やっぱりアタマジラミの成虫や卵が床に落ちていれば、他の人に感染する可能性は、十分に残ります。

 

髪をとかす時は、髪が落ちやすいので、その時に、掃除機をかけておくと、アタマジラミを逃すことなく処分できるので安心です。

 

髪が落ちた時っていうのは、アタマジラミも一緒に落ちている可能性が高いので、そのままにしておくのは良くないです。

 

特にアタマジラミの卵は、髪に産み付けられているので、落ちた髪にはアタマジラミの卵がついている可能性が大!

 

ちゃんと部屋の中におちている感染者の髪は、コロコロでも掃除機でも構わないので、しっかり拾って捨てるようにしましょう。

 

そういう基本的なことが出来ていないために、家庭の中のアタマジラミが駆除できないで長引く人が多いです。

 

治療も大事なんですが、やっぱり掃除もすごく大事なので、部屋をいつもよりも清潔に保ちましょう。

 

アタマジラミ014