アタマジラミ 感染

アタマジラミを巡る保護者の本音

 

アタマジラミって、対策していても、感染してしまう時には感染してしまうのが辛いですよね。

 

相手が「自分はアタマジラミだから、近寄らない方が良いよ」って、言っていれば、防御もできますが。

 

多くの場合、アタマジラミの感染者って何も言わない人が多いので、対策をしようにも、どうにもできないまま、感染してしまうことが多いです。

 

特にアタマジラミは、小さな子供たちの間で流行るので、あんまり危機感がないから、遊びに夢中になってふざけあっているうちに、自然に感染してしまうことが多いですね。

 

子供同士のことですし、「アタマジラミだからあの子とは遊ぶな」とか、ちょっと言いにくい部分もありますよね。

 

でも、親からしたら、アタマジラミになってしまうと、すごく洗濯や掃除対策が面倒なので、できるだけ貰ってきてほしくないと言う気持ちも。

 

子供はアタマジラミくらい、どうってことないって思う子もいますけどね。

 

特に幼稚園くらいだったら、まだまだアタマジラミが何かよくわかっていない子も多いので、それほどいじめになってしまうようなことも少ないと思います。

 

小学校に入ってからの方が、やっぱりアタマジラミっていうのがいじめの原因になることの方が多いのかなって思います。

 

アタマジラミ019