アタマジラミ 感染場所

スイミングでアタマジラミは感染しやすい理由

 

子供がスイミングでアタマジラミを貰って来たっていう人、結構多いんですってね。

 

スイミングで水中感染するのではなく、アタマジラミはロッカーやタオルや水泳帽子の共有で感染することが多いようです。

 

相手がアタマジラミをもっているかどうかっていうのは、わからないので、子供たちはいつものように、仲良くじゃれ合っていただけなのに、感染してしまったと言うことも多いです。

 

でも、アタマジラミに感染させてしまった親も、「申し訳ない」という気持ちもあるでしょうが、やっぱり感染させられてしまった親としては、「迷惑だな~」っていうのが、本音だと思います。

 

アタマジラミになってしまうと、親が率先して、子供のアタマジラミを退治をしないといけなくなってしまうので、母親の仕事が増えてしまいます!

 

特に共働きで、なかなか子供の面倒を見れないという場合、アタマジラミのついたシーツやカバーの洗濯なんて、毎日熱湯消毒しながらするのは、かなり負担になってきます。

 

それがアタマジラミが完治するまで、ずっと続くのですからね。

 

感染させた子供やその親を恨みたくなる気持ちが出てきても、仕方ないのかなって思う部分もありますね。

 

やっぱり感染させないように、アタマジラミになったらスイミングはお休みする方が安全ですね。

 

アタマジラミ002