アタマジラミ 共有物

アタマジラミは共有を避けよう!

 

家族にアタマジラミの感染者が出た場合の対策として、洗濯物を感染者とその他の家族で分けることがポイントです。

 

アタマジラミの卵は洗濯くらいでは死なないので、他の人と一緒に洗濯物を洗ってしまうと、生きたままの卵が他の人の衣類にうつってしまう可能性があります。

 

アタマジラミの対策の基本は、『感染者との共有を避ける』ことですから。

 

やはり洗濯物も、しっかり分けて、洗ったほうが安全です。

 

面倒くさいから一緒でいいやと、洗ってシアムと、その油断から、家族にアタマジラミの感染が広がってしまう可能性があります。

 

もしも、洗濯物を一緒に洗いたい場合は、まずは感染者の使用した洗濯物だけ、熱湯消毒をかけることをおススメします。

 

アタマジラミは60℃以上の熱湯に5分以上浸すと死んでしまうので、事前に熱湯消毒をしておくと、安心です。

 

もしくは、温風の乾燥機を持っているのであれば、最後に温風乾燥機をしっかりかけることで、アタマジラミをしっかり殺すことが出来ます。

 

でも、温風乾燥機を使う場合は、電気代が増えてしまい、経済的にちょっとネックな部分があります。

 

そして、一度で洗濯出来てしまうという意味では、手間は省けますので、楽には変わりないと思います。

 

アタマジラミ020